セックスへの考え方の変化

中高年の性の変化

人間の寿命はほんの100年前ぐらいまでは50歳ぐらいで、生殖年齢を過ぎるころには人生も終わっていたので、高齢期の性関係と言うのはあまり重要視される問題ではありませんでした。

 

現代では、二人でお意を迎えようとすれば、閉経以後約30年の関係を考えていかなければなりません。

 

女性が閉経を迎えるのは、妊娠と言う負担からの解放、つまり妊娠とはかかわりの内政を考える一つの節目です。体が生殖に向けた哺乳動物のリズムで生活していた時代から、生殖機能と決別して精を考える時代に突入します。ですから、動物的な本能にリードされた若い時代とは違って、男女の性関係にも人間的な心の購入が大切となってきます。

 

閉経するとエストロゲンの作用しなくなった粘膜は乾きやすくなって、ちょっとした刺激で傷ついたり、痛くなったりデリケートになってしまいます。ですから性器の触れ合いも激しく行えば性交痛が起こりやすいので男性の方は配慮が必要になってきます。

 

でもこうした体の変化を理解できないと、性行為の時に痛みや出血を恐れて夫を無意識のうちに遠ざけてしまうことになりかねません。

 

無理やり性行為を求めてくる夫に嫌悪感追抱く結果になってしまい、男性はなおさらのこと、こういった女性の体の変化を知らないことがほとんどです。

 

高齢者の性器に関する除法はまだまだ歴史も浅く少ないのが現状です。

 

また、日本人は高齢になると、パートナーにロマンを求めてセクシーにふるまおうとする努力をしなくなる民族だとも言われています。休日にどこに旅行に行こうかとなかよく話し合えても、性の事は話し合う習慣が少ないようです。

 

女性の体の変化についての情報が少ないことに加えて、パートナーにそのことを伝えられる関係が育っていないと、二人の間に軋轢が生じてしまうかもしれません。

 

夫婦や恋人と言う男女の関係の中に性関係の重さはそれぞれ違います。

 

二人の間に性的な関係がなくてはならないものと言うカップルもいれば、なくてもいいと感じているカップルもいます。

 

どちらにしても、二人が仲良く楽しい関係であればいいのです。セックスへの感じ方が違っていると、関係は面白くないものになります。

高齢者の性を考える

 

高齢者の性を考える<

女性は高齢になると若いときほど性器が濡れないようになります。そのために性交時に痛みを感じるようになることがありますが、エストロゲンを使用することで解決できます。

 

性行為がつらいのでホルモン補充療養のために病院を訪れる人もいますが、そこまでしたセックスにこだわろうとは考えないという人もいます。

 

病院に行く人は自分だけがおかしいのではないとわかるとそれで充分で、あえて薬による治療は望まないという意図が日本人ではほとんどです。

 

婦人科では、とりあえず痛みを無くすためにエストロゲンを使います。でもあくまでとりあえずにすぎず、粘膜の感想は改善されますが、長年のすれ違いである心の渇きには聞きません。

 

閉経以後もセックスを楽しくしたいと望む女性にとっては、エストロゲンという薬は人生の質を高めてくれます

 

でも、心の通じ合いがなくて、妻がどう感じているのかも確かめないで一方的に挿入して終わるような夫とのセックスに応じるためだったら、クスリは根本的な解決に名ならないのです。

 

むしろ、嫌なものは嫌、と自分の気持ちをありのままに表現する方が新たなパートナーシップを見つける手掛かりになりし劇的です。

 

男性も年齢とともに性機能の衰えがあり、若いときのような激しいセックスができなくなります。しかし、強くて持続力のある行為が最高という意識のぬぐえない男性は多いのです。

 

バイアグラ

妻もそれを望んでいると思い込んで、バイアグラに回春を求める男性もいます。でもその前に、お互いの体の変化を伝えあい、気持ちを確かめ合うことが先決なのです。

 

体の変化とともに、生活や仕事のスタイルの変化、子供のスダチなどの家族構成の変化もあるでしょう。性に対する感じ方は、生活スタイルによって変化するので、人生の節目で二人の関係を温めあう工夫をしていく必要があります。2人の同意で激しいセックスを望むのでしたら、女性はエストロゲン、男性はバイアグラを求めるといいでしょう。

 

お役立ちサイト

 

カテエネ登録で電気代が節約に【キャンペーン情報でお得】⇒カテエネ登録.jp

 

やまどうぐレンタル屋|登山用品のレンタル【ネット申し込み・予約】⇒やまどうぐレンタル屋